ゲームや映画など好きなコトを好きなトキに書くブログ。

SCdog Log

ガジェット

RAVPower RP-PB19大容量モバイルバッテリーをレビュー!圧巻の15000mAhでiPhone6が7回フル充電!

更新日:

私はiPhone6を使用していますが、最近のゲームアプリの電池消費量は半端ないですよね。多い時には1日に2,3回充電してしまう事もあります。

スマホにはモバイルバッテリーが必須といっても良いと思うのですが、人気の製品としてはCheeroやAnkerがあります。

色々なレビュー記事を見ても良い事しか書いてないのですが、Amazonレビューなどを見ると必ずしもそうではない事が分かります。

私もCheero Power Plus2を使っていたんですが、半年ぐらいで壊れました・・・しかも友人2人も同じような症状で壊れました。

新しくモバイルバッテリーとしてAnkerの購入を考えていたんですが、最近知名度が上がりつつあるRAVPOWERを購入してみたのでレビューしたいと思います。

スポンサーリンク

私もコレで壊れた!Cheeroが壊れやすいのは本当か!?

私の場合は購入直後は順調に充電出来たんですが、3ヶ月辺りで充電容量が減ったかなと感じつつ・・・さらに暫く使用していると、勝手にLEDライトが点灯するようになってきました。

約半年で壊れたのですが、最終的に充電は出来ても1日中LEDライトが点灯しっぱなしになって使い物にならなかったです。

私が購入した製品だけの不具合かなと思い、Cheeroを持っている友人2人にも尋ねたところ、同じように壊れたとのことでした・・・。

「結構多い不具合なのか?」と思い、Amazonレビューをチェックしてみたんですが、同じように3ヶ月~6ヶ月でおかしくなっている方が多かったですね。

購入者レビューの一部を引用させていただきます。

 

Cheero製品購入者のレビュー

月に2,3回使うくらいなペースでしたが、たった3ヶ月で壊れました。最初はライトが光らなくなって、

そこからバッテリー確認用の光る線も点かなくなり、最終的に充電も出来なくなりました。安いのはいいですがこんなに早く壊れるなら買わない方が良かったです。
(アマゾンでの購入者)

ボタンを押していないのにLEDライトが勝手に点灯します。時々消えますがほぼ1日中ついたままです。安物買いの銭失いでした。
(アマゾンでの購入者)

引用:アマゾンレビュー

購入して半年で壊れる自体納得のいかない点でもあるんですが、さらにCheeroの保証期間は6ヶ月で壊れる頃に保証が切れる・・・という残念な始末。

壊れてしまったのものはどうしようもないんで、新しく「RAVPower 大容量15000mAhモバイルバッテリーRP-PB19」を購入してみたんですが、

レビュー数が少ないものの評価が良かった点も購入した理由の1つです。また保証期間が1年と、サポートもしっかりしています!

 

評価を見て、信用して買いました。SHARPのAQUOS304Xxを、充電するために、買いました。

スマホを使っていない状態なら、充電されますが、使っていると、バッテリーが減ります。急速充電は無理です。

2.4Aの出力はありますが、そんな電流は流れていない可能性があります。なんせ、中国製ですから…。
(アマゾンでの購入者)

引用:アマゾンレビュー

評価の悪いレビューも1件あったんですが、それについて補足をしておこうと思います。

まず「スマホを使っていない状態なら充電されますが、使っているとバッテリーが減ります。」という点ですが、

重たいアプリを起動させれば充電スピードよりも、電気消費の方が早くなります。当たり前です。

もう一つ気になったのが「急速充電は無理です。2.4Aの出力はありますが、そんな電流は流れていない可能性があります。」という点で、タブレットなら2.4A流で充電は可能ですが、

iPhoneを始めとするスマホでは、2.4Aは流れないようになっているのが殆どですよね。これを無理に流したら・・・スマホが壊れてしまいます。

またRAVPowerモバイルバッテリーの搭載されたiSmart機能は、充電端末に適した電流を流すので過電流は出来ない仕様になってます。

悪い評価を付けてはいますが、あんまり参考にならないかなぁ・・・なんて言ったら、怒られますかね。(;´Д`)

では、RAVPowerのモバイルバッテリーは「どのぐらい大容量で充電が早いのか?」を実際に測ってみましたので、その結果を交えながら、特徴を紹介してきます!

充実の付属品!

ravpower2

パッケージに含まれるのは以下の通りです。

  • 本体”RP-PB19”
  • USB-MicroUSBケーブル(綿タイプ)2本
  • MicroUSBをSamsungのDockコネクタに変換するコネクタ1個
  • MicroUSBをMiniUSBに変換するコネクタ1個
  • アクセサリ用ポーチ1個

こんなにも充電アイテムが揃っているとは(((゜Д゜;)))

しかもポーチ付きっていうところがいいですね!

 

ravpower

ただし、apple製品のiPhoneシリーズ、iPadなどは上の写真のLightning ケーブルと言われる規格のUSBケーブルが必要です。

Lightning ケーブルはapple製品を購入した際、付属されているのでapple製品使用者の方は既に持っていらっしゃると思います。

RP-PB19の機能をご紹介!

ravpower1

青い光と本体の黒がかっこいいですね!

青い光はバッテリーの残量を示していて、4段階で表示してくれます!

本体サイズは16.7 x 11.7 x 4.7 [cm]、

重さは320[g]となっています。

少しずっしりとした感じで、片手で持てる大きさなので邪魔にならないですね!

 

ravpower8

ravpower7

RP-PB19の出力電流は2.1Aと2.4Aがあります。

15000mAhという大容量で、屋外で携帯型端末でゲームをされる方は電池残量を気にすることがなくなりますね。

 

ravpower6

またLEDライトの機能もついており、暗いところで端末とRP-PB19をつなぎたいって時に重宝しそうですね!

充電時間ってどのくらい?

ravpower10

RP-PB19・Lightningケーブル・iphone 6を使って、0%から100%になるまでの充電時間をおおまかに測ってみました!

もちろん充電中はiPhone 6のアプリを落として、測定しました。

結果は、、、

約90分!

ACアダプタからの充電だと120分ほどかかるので、だいぶ早いですね(笑)

これならスマホを使わない少しの時間の間にフル充電!ってことも可能ですね。

またモバイルバッテリー1回のフル充電で、iPhone6を7回フル充電できました。8回目の後半でモバイルバッテリーの残量がなくなりました。

iPhone6の電池の容量は1800mAhと言われているので、15000mAhを1800mAhで割ったときに、8.287となるので、8回充電できることになりますね。

計測結果と計算結果から、明記されている15000mAhという容量が本当であることがわかります。

なぜ充電時間が早いの?2.1Aと2.4Aどう違うの?

ravpower11

一般にスマホでは1A、タブレットでは2Aで充電されていきます。

それじゃ、スマホの充電だけなら、出力1Aのモバイルバッテリーを買っておけば問題ないじゃない!って思いますよね?

しかし!充電時間が変わってくるワケですよ。。。(。-∀-)

そこでRP-PB19の大きな特徴である、iSmartという機能が効いてくるわけです。

通常、充電時の電流値はスマートフォン側によって制御されているわけですが、

iSmartという機能の場合では、RP-PB19側が充電する端末に適した電流値を設定するので、早く充電できるってわけです。

RP-PB19の出力電流は2.1Aと2.4Aで、

2.1Aと2.4Aの違いですが、スマートフォン充電時には特に変わらないが、タブレット充電時に充電時間が変わってくると思います。

多くのモバイルバッテリー製品は1Aと2.1Aなので、出力電流2.1Aと2.4AはRP-PB19の大きな利点です。

 RP-PB19本体の充電はどうなの?

一般にモバイルバッテリー自体の充電はPCから充電するより、ACアダプタから充電する方が早いです。

これは、PCからの出力電流が小さいためです。

0%から100%まで充電するには10時間ほど必要で、寝ている間に充電完了とはいきませんが、

その分、屋外で電池に困らないので、気にならないですね。

わんこまとめ

屋外で端末使用が増えてきた今、たくさんの製品が出てきています。

どれを選んでいいかわからなくなてしまいますよね。。。USBケーブルのことも考え出したら、もういよいよ決まらない!笑

屋外で携帯型端末でゲームをされるという方は、RP-PB19があれば、電池に困らないと思います(´∀`)

RP-PB19は現在64%OFFで販売されています!コスパも考えたら、とてもお買い得だと思いますよ!

おすすめ記事

1

グラフィックボード、GTXシリーズの最新モデルGTX970が9月19日より販売開始されました。 そして先日、ついに私もGTX970を購入致しました(´∀`) 今回はBF4をプレイした際のレビューを綴っ ...

2

私はiPhone6を使用していますが、最近のゲームアプリの電池消費量は半端ないですよね。多い時には1日に2,3回充電してしまう事もあります。 スマホにはモバイルバッテリーが必須といっても良いと思うので ...

3

8月の末にバーチャル9.1chを作り出す、SONYのMDR-HW700DSを購入致しました! 今回はこのサラウンドヘッドホンの魅力について語ります! 7.1chサラウンドはやっぱりスゴかった!MDR- ...

-ガジェット

Copyright© SCdog Log , 2017 AllRights Reserved.