ゲームや映画など好きなコトを好きなトキに書くブログ。

SCdog Log

ゲーム本体・周辺機器 ヘッドホン・ヘッドセット

サラウンドヘッドホン'MDR-HW700DS'でPS4版BF4を体感!【レビュー】

更新日:

8月の末にバーチャル9.1chを作り出す、SONYのMDR-HW700DSを購入致しました!

今回はこのサラウンドヘッドホンの魅力について語ります!

スポンサーリンク

7.1chサラウンドはやっぱりスゴかった!MDR-HW700DSを購入レビュー!

長時間使用しても「痛くない」装着感!遮音性はどうだった?

このヘッドホンを装着してまず驚いたのが装着感です!耳の上に乗るタイプではなく、耳の周りをすっぽり覆ってくれる。

メガネをかけて10時間つけっぱなしにしていましたが「痛くない!」全く痛くないんですよね。これが本当に嬉しいかった点です!

ただし、電池内蔵のヘッドホンなので少し重く感じる方もいらっしゃるかもしれません。

 

S__2605083-w600

また遮音性に関して、外部の生活音が6割ぐらいの大きさになるなぁといった印象でした。音楽をかければ外の音は全く聞こえませんねw

MDR-HW700DSの音質と7.1chのサラウンド感!

名称未設定ゲームキャプチャ Screen Shot 2014-08-14 08-44-33-w600

やっぱり音楽機器と聞くと気になるのは音ですよね。

使用し始めてそろそろ2ヶ月ですが。思ったことは「音質は音を出力する機器の影響が非常に大きい!」ってことです。

ノートパソコン・PS3・PS4・デスクトップパソコン。。インターネットを使って、同じ音源を聞きましたが、どれも少し違いがありますね。

音源によっても違いが結構あるので、注意が必要です。「音質をどうしても知りたい!」という方は是非お店に足を運んでください。

お値段も少し張るので、通販よりも実店舗で体感されると良いです!その後、ネットで安いショップを探せばいいんです笑。

私の中で1番重要視したのが「サラウンド感」です。PS4版BattleField4をプレイしました!感想は・・・

すごいです(笑)

低音の迫力も十分にあり、敵の方向もしっかり分かります。ヘリの音が本当にびっくりしますね。怖くなるぐらいの臨場感ですw

今まで2,000円ぐらいのヘッドフォンしか使用してなかったので・・・違いの大きさに驚きを隠せませんでした。

 

またPS3版CallofDuty:Black ops2 をプレイした際には、足音が聞こえるようになりました。

普段聞こえなかった音が聞こえるっていうのは感動ですね(´∀`)ただ・・・足音覚えるのに少し日数がいりましたねw

プロフェッサー(ヘッドホンに無線を飛ばす機器)の性能

S__2605079-w600

このヘッドホンは無線です。プロセッサー部分に入力端子をさすことでヘッドホンから音を聞くことが出来ます。

 

S__2605085-w600

  • HDMI入力が3つ
  • HDMI出力が1つ
  • 光デジタル入力が1つ
  • RCA端子のステレオ端子(赤・白)の入力が1つ

PS4からHDMIでプロフェッサーに出力すると7.1chで再生可能になります。光デジタルでは5.1chになってしまうので注意しましょう!

また2014年10月15日現在では、HDMIの入力が可能な無線サラウンドヘッドホンはMDR-HW700DSのみです。

 

S__2605078-w600

再生モードは、CINEMA・GAME・VOICEの3つの再生モードが選べます。

CINEMAは映画用、GAMEはゲーム用、VOICEは音楽鑑賞用で意味は、ほとんどそのままです(笑)

VOICEモードでは強制的に2CH出力となります。

MDR-HW700DSのメンテナンス

耳と接触するイヤーパッドの交換ですが、これはSONYさんに交換してもらうしかないようです。

電池はリチウムイオン電池を使っているようで、これの交換もSONYさんにお願いするしかないようです。電池を長く持たせるためには・・・

  1. 充電回数を減らす
  2. バッテリーの残りを満タンにせず、空にせずの状態を維持する

ということが挙げられるようです。ちなみに、電池の充電は同梱されているUSBケーブル行うのですが、USBをコンセントにつなぐ機器は同梱されていないので注意してください。

パソコンからの認識

PC(Windows)からのHDMIをプロフェッサーにつなげ、プロフェッサーからHDMI出力させ、モニタにつなぐと、

再生デバイスがモニタに設定されてしまい、プロフェッサーを上手く認識できませんでした。

またPCからのHDMIを分配して、プロフェッサーとモニタそれぞれに出力しても、再生デバイスを見る限り、上手く認識されませんでした。

回避する方法は、PCからのHDMIを分配させて、片方を直接プロフェッサーに、もう片方にHDMIーDVI変換器をつけて、

モニタに出力すると上手く、プロフェッサーが認識するそうです。私は、現在DVIでモニタに出力して、HDMIでヘッドホンに出力しています。

PS4からの認識

PS4からのHDMIをプロフェッサーにつなぎ、プロフェッサーからHDMI出力させ、モニタにつなぐとうまくMulti CHと表示されました。

〆の総括!

8月の末は、値段の上下が激しかったですが、現在(2014年 11月頃現在)は29000前後と落ち着いてきましたね。

私の場合、このヘッドホンに決めた理由はHDMI入力ができるという点が大きかったですね。プロフェッサーの認識設定が少し大変ですがw

購入して本当によかったですね。ゲームする楽しみが倍増しました!ゲーム音も楽しみたい!という方は是非!

追記

11月上旬では28000円前後、最安値で27500円前後で推移していたようですが、11月14日から29500円前後まで突然値上げしましたね。

おすすめ記事

1

グラフィックボード、GTXシリーズの最新モデルGTX970が9月19日より販売開始されました。 そして先日、ついに私もGTX970を購入致しました(´∀`) 今回はBF4をプレイした際のレビューを綴っ ...

2

私はiPhone6を使用していますが、最近のゲームアプリの電池消費量は半端ないですよね。多い時には1日に2,3回充電してしまう事もあります。 スマホにはモバイルバッテリーが必須といっても良いと思うので ...

3

8月の末にバーチャル9.1chを作り出す、SONYのMDR-HW700DSを購入致しました! 今回はこのサラウンドヘッドホンの魅力について語ります! 7.1chサラウンドはやっぱりスゴかった!MDR- ...

-ゲーム本体・周辺機器, ヘッドホン・ヘッドセット

Copyright© SCdog Log , 2017 AllRights Reserved.